アフィリエイトとリスト|質の高いリストの集め方とブランディングの関係

■リストには質について

・リストの質(レベル)を決める要因

ここでいうリストとは、
メールアドレスリストのことです。

 

リストビルディングは、
メールアドレスを集める活動のことです。

 

ネットビジネスのプレイヤーは、
収益の高い人ほど所有するリスト数が多いです。

 

しかし仮に10万件のリストを持っていても、
購入意思のないレベルの低いリストを所有していたのでは意味がない。

 

購入意欲、レベルの高いリストを持つことです。

 

そのためにはリストをどういう経路で取得したかが重要です。

 

・レベルの高いリスト作るには?

リストビルディングにおいて重要なことは、
一番よい経路から、読者との信頼関係を築きながら、
メールアドレスを集めることです。

 

経路を重視する

Facebook経由、Blog経由、
アフィリエイトのキャンペーン経由などリストの集め方は色々あります。

 

どういう経路で顧客が、
メールアドレスを登録したかによって読者の質が変わるため、
より長く付き合ってもらえる経路をとることが理想です。

 

もっともよくない経路は懸賞系です。

 

あくまで一時的な賞品、
賞金目当てでアドレスを登録した可能性が高いため、
メルマガを送っても興味を示めしません。

 

②信頼関係の構築

FacebookやBlogなど、
次のステップにつながる入り口からリストを取得したら、
今後は読者との信頼関係を構築することが大切です。

 

読者との信頼関係が厚いほど、成約率が上がります。

 

■ブランディングをリストにつなげましょう

ソーシャルメディアを活用してブランディングしましょう。

 

①YouTubeでのブランディング

★動画を必ず撮影しましょう

YouTubeでのブランディングは、
動画を使って自分の顔を出し、
テーマを決めて講義してみましょう。

 

例えば「ネットビジネスの全貌」というコンテンツで、
現在のネットビジネスの動向を語ってみましょう。

 

年配層などネットビジネスを知らない層に向けて、
このビジネスのメリットを説明し、
新規にネットビジネスに参入する人たちを養成すれば、
多くのリストを獲得することができます。

 

自分の講義動画を作って、
YouTubeにアップするのは、
自分の分身を作ったことと同じです。

 

動画が50回再生されれば、
自分が50人コピーしたことになります。

 

視聴者の多いコンテンツの関連動画に表示されるようになると、
まったく知らない層へも自己アピールが可能になります。

 

★個人情報(プライバシー)をあえて公開しましょう

講義の動画と合わせてアップすべきことが、
あなたの個人情報(プライバシー)を公開する動画です。

 

買い物や食事等なんでも良いです。

 

是非動画撮影してアップしてください。

 

自分のプライバシーの公開は困ると思う人もいると思いますが、
あえて公開してみてください。

 

プライバシーを公開して、オープンになると、
視聴者はあなたを信用します。

 

ブランディング価値が大いに高まります。

 

②Twitterでのブランディング

★140文字で自分の意見を述べましょう

140文字しか表現できないTwitterは、
今いる場所や食べた料理などをつぶやくより、
政策や時事に対する自分の意見や思いをつぶやく方が支持者を獲得しやすいです。

 

★毎日つぶやきましょう

Twitterでは、日々つぶやく作業をしましょう。

 

目標は1日平均5回。1~15回の範囲で、
できる限りつぶやきましょう。

 

つぶやきの四大要素は、感情、気づき、意見、引用です。

 

つぶやく内容は、
世の中の現象や人間関係における気づき、
気づきから得た仮説など、
他人から注目されるような自分なりの視点を表現するために、
日常生活から気づき、表現力を鍛えてください。

 

★ヘビーユーザーになり、フォロワーを増やしましょう

ソーシャルメディアにおいて重要なことは、
まずあなたがヘビーユーザーになることです。

 

単なる視聴者になって傍観しては何の意味もありません。

 

著名人、尊敬する人のつぶやきを見ることです。

 

そして自分自身もつぶやくことに没頭してください。

 

Twitterはフォロワーを増やさなければ意味がありません。

 

フォロワーを増やすために、
半自動的にフォローをかけらえる、
フォローブースターやツイボなどのツールを使い、
自分からフォローをして相手に絡んでいく作業が必要です。

 

フォロワーが溜まってきたら、
ランディングページかBlogに飛ばし、

無料プレゼントと交換でアドレスをいただきましょう。

 

③Facebookでのブランディング

★写真+文章で投稿しましょう

SNS(ソーシャルネットワークシステム)なら、
Facebookから始めましょう。

 

FacebookもTwitter同様に、自分から友達申請したり、
相手に絡んで友達を増やす活動が必要です。

 

(ただし友達申請を過剰に行うと、
ペナルティで友達申請活動が制限されますので注意してください。)

 

FacebookはTwitterより長い文章が書けるので、
1日数回、気軽に文章を書いて、
画像と一緒に投稿しましょう。

 

まずは自己アピールをしてください。

 

★拡散機能を利用しましょう

Facebookの利点は、拡散能力を持っていることです。

 

よい投稿をして見知らぬAさんがあなたの投稿をシェアすると、
Aさんの友達にもあなたの投稿が表示され、
あなたと直接友達でない人たちにも拡散していきます。

 

④Blogでのブランディング

★キャッチコピーで自分のポジションを確立させましょう

Blogは、アクセスすれば誰でも記事が読めるオープンメディアの代表です。

 

検索エンジンにも掲載され、
あなたのブランディングに重要な要素を秘めているので、
渾身の力で取り組んで下さい。

 

Blogでのブランディングにおいて、
重要なことは冒頭で「私といえば●●●」というキャッチコピーで、
自分のポジションを明確にした方が良いです。

 

FC2、シーサー(Seesaa)、
ライブドアブログ(livedoor Blog)等が有名です。

 

FC2

シーサー(Seesaa)

ライブドアブログ(livedoor Blog)

 

★ブログランキングに参加しましょう

Blogを始めたら、必ずブログランキングに参加しましょう。

 

ブログランキングに登録して上位に浮上すれば、
アクセスが大幅に増え、多くの新規顧客獲得につながります。

 

Blog記事の最後でメルマガへの登録を促し、
メルマガで無料プレゼントを提供するのが、常套手段です。

 

★1日1投稿を意識しましょう

Blogは文章が主役なので、
毎日、小さな本を書くつもりでテーマを決めて取り組んでみましょう。

 

重要なことは1記事、1テーマに絞って書くことです。

 

またBlogが書けないという人は、
まず本を読んだり、人の動画を見て、
印象に残った内容を自分の言葉で表現することから始めてみてください。

 

★情報を吸収し、経験を積みましょう

あなたのBlogが注目されるかは「何を書くか」で決まります。

 

Blogを書けない要因は、
あなたの情報不足にあります。

 

経験を積むには、ある程度時間が必要です。

 

まずは情報を吸収し、日々経験を積んでいきましょう。

 

 

ps.私のメルマガでは、

①副収入が欲しくてネットビジネスをはじめたばかりの会社員

②アフィリエイトをはじめたがまだ結果が出ていない人

③無料・有料情報(教材)で学び実践しているが、
 結果が出ないノウハウコレクターの人

の方に向けて、
私が経験したSNSアフィリエイトで稼ぐための方法とそのやり方の基本や、
実際に稼いでいる具体的な方法をお伝えしています。

 

たまにセールスもあったりしますが、
それはこれからあなたがSNSアフィリエイトをやっていく上で、
必要なスキルの取得や新しい気付きにもなりますので、
ぜひ、積極的に取り組んで下さい。

 

今回、私の【メルマガ登録特権】として、
下記をプレゼントさせて頂きます。

■ツイッターを0から始めて100 倍楽しむ徹底活用術(PDF126ページ)

■ツイッター相性診断ツール

■自動つぶやき予約ツール

■自動フォロー返しツール

■超便利ツイッタークライアント

 

アフィリエイトと一言で言っても、
沢山の種類があります。

 

その中でも、SNSを使ったアフィリエイトは、
非常にやりやすいので、初心者の方におすすめです。

 

今回のプレゼントにもあります、
【Twitter】を使ったアフィリエイトも
SNSアフィリエイトの中の1つになります。

 

Twitterアフィリエイトは、
文章を書いたり、動画を作成するなどの
難しいことがないので、簡単にできます。

 

なので初心者の方はまず、
Twitterアフィリエイトから始めるといいでしょう。

 

ということで私からのプレゼントを
ガンガン活用して下さいね。

 

メルマガのご登録は、下記フォームより、
必要事項を入力の上、登録をお願いします^^


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です