ランディングページの作り方は簡単です!絶対抑えておかなければならない3つの要素

ランディングページを作成する際、
絶対に抑えておかないといけない3つの要素があります。

 

■トップ(頭)

ランディングページの一番最初の見出し部分に、
画像や動画を張り付けて訴求する。

 

上記の画像は、
私のランディングページのヘッダー(頭)部分です。

 

私の場合は、女性が「ダメ!」と言っている画像を
張り付けています。

 

なぜ、このような画像を使っているのかと言いますと、
それは、次に話すキャッチコピーにつながるからです。

 

キャッチコピーとは、
【人の注意をひく広告文や宣伝文】のことです。

 

私のLPのキャッチコピーは、次のような感じです。

 

下記の画像をご確認下さい。

 

キャッチコピー作成で重要なことは、
【その先も見てみたい!!】という気持ちにさせることです。

 

「あなたの抱えている問題をここで、
解決できるかもしれませんよ~~」という感じで
キャッチコピーを書くことです。

 

気になってもらうことが何より重要です。

 

キャッチコピーの例をあげると、
ユーザー数5000万人超えのLINEアプリを使って
お金を稼ぐことができます。

 

このキャッチコピーにあった画像を
張り付けておくことで更に、キャッチコピーが引き立ちます。

 

私の場合は、トップで女性が「ダメ!」と言っている画像を使って、
キャッチコピーを引き立てています。

 

私のランディングページは、
メルマガの読者を集めるためのランディングページですが、
メルマガかLINE@かの違いだけですので、構成は変わりません。

 

読者にトップで気を引くような、
その先を見てみたいと感じさせれるような構成にしないと、
この後に話するボディやボトムを読んでもらえることはありません。

 

なので、トップを作る際は、
その点をきちんと踏まえて作成して下さい。

 

■ボディ(上半身)

ここでは、【ベネフィット】を訴求します。

 

あなたのLINE@に登録することによって、
どんなメリットがあるのか。

 

またどんな問題を解決してくれるのか

 

手に入れることのできる未来は?

 

などなどをここでは書いていきます。

 

具体的な内容としては、私のLINE@に登録すると、
〇〇ができるようになりますという感じで、
訴求することです。

 

〇〇の部分は、あなたがお持ちのノウハウで大丈夫です。

 

たとえば・・・

 

リストマーケティングができるようになります。

 

SNS集客ができるようになります。

 

このような感じで作成して下さい。

 

■ボトム(下半身)

ここでは【プロフィール】【登録フォーム】を作成して下さい。

 

どこの誰でどんな人なのかなど、
実名で顔出しが一番良いです。

 

どうしても顔出しや実名が公表できない場合は、
アバター(似顔絵)でも大丈夫です。

 

そして最後に登録フォームを設置します。

 

ここではLINE@の友達追加ボタンを設置します。

 

最後に私が作成し今も使っているランディングページを
載せておきますのでご参考までに^^

⇒ メルマガ登録はこちらからどうぞ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です