読まれるメルマガの書き方 | メルマガで稼ぐことを目的としている方へ

第1章 メルマガの書き方 編

 

 

よく勘違いされるので、お伝えしておきますが、
メルマガは、ただ単に読者を集めればいいわけではありません。

 

重要なのは、読者数よりも、クリック数です。

 

メルマガを発行する本当の目的は、
メールを読んでもらうこと以上に、
読者が、URLをクリックしてもらうことなのです。

 

いくら読者数が多くても、
クリックされないメルマガに価値がありません。

 

これは、よく考えるとわかるのですが、
メルマガ発行者は、収益を得るためにメルマガを発行していますよね?

 

だから、本文中にあるURLをクリックしてもらわないと
収益が発生しないので意味がないのです。

 

少し、専門的なお話になりますが、クリックには、

 

・ユニーククリック

・のべクリック数

 

というものがあり、
1人が何回クリックしたのかということまでわかります。

 

で、クリックで重要なのは、ユニーククリックです。

 

ユニーククリックとは、メール文中にあるURLを1人の読者が、
何回クリックした場合でも、1クリックとしてカウントされます。

 

仮に、1人の読者が3回クリックしても、1クリックです。

 

余談ですが、有力なメルマガ発行者の、
ユニーククリックの数は、だいたい1,000クリックくらいだそうです。

 

トップメルマガ発行者のレベルになると、
平均で、3,000~5,000クリックくらいになります。

 

ですので、まずは、1回のメルマガ発行で、
ユニーククリックが50クリックを目指すといいですね。

 

さて、これからメルマガについてお話していきますが、
重要なことは、1回のメルマガ発行で、
どれだけの読者がURLをクリックしてくれるかです。

 

なぜ?今メルマガ?時代遅れじゃない?

 

メルマガは、商品を売るためのあくまで道具です。

 

インターネット上では、
いきなり商品やサービスが売れることはありません。

 

なぜなら、人はすぐに行動してくれないからです。

 

例えばですが、クレジットカードを使って、
インターネットで物を買うのは結構、大変です。

 

・クレジットカードを取り出す

・番号を入力する

・セキュリティーコードを入力する(場合によって)

 

という具合いに、かなり面倒です。

 

だから、まずは、小さい行動からしてもらう必要があるのです。

 

ここで言う小さい行動というのは、
【メールアドレスを入力してもらう】ということです。

 

始めに小さな行動、
そして徐々に大きい行動をすることが、稼ぐコツです。

 

プル型とプッシュ型のマーケティング~プル型とは?~

 

【プル型】は、ユーザーや顧客を待つ手法です。

 

ユーザーや顧客が、こちらの用意したサイトにアクセスして、
販売やサービスを提供する手法です。

 

お客様がサイトから他のサイトに移動したら、
そこでアプローチが終ります。

 

1回だけのチャンスとなります。

 

プッシュ型とは?

 

【プッシュ型】は、ユーザーや顧客のアクションに関わらず、
こちらから情報の発信や、プロモーションを行う手法です。

 

もうお分かりの通り、メールアドレスを集めれれば、
自分から情報発信や、プロモーションを行うことができるので、
【待ちのビジネス】から【攻めのビジネス】ができるようになります。

 

もし、あなたのホームページにメールアドレスを
取得する仕組みがなかったとしたら、
今すぐ、メールアドレスを取得するフォームを設置しましょう。

 

フォームを設置と言っても、難しいことは一切なく、
簡単に作ることができます。

 

私がおすすめするフォーム作成サイトがありますので、
ご紹介しておきますね。

 

インターネットビジネス総合サービス -エキスパ-

 

3.5回の法則

 

3.5回の法則というものがあります。

 

接触回数が3.5回で、人は行動するという統計から導きだした法則です。

 

リスティング広告や、
Googleのアドセンス広告をイメージして下さい。

 

ネットサーフィンなどをしているとき、
見覚えのあるバナー広告が何度も表示されたりしますよね?

 

実は、これは意図的に仕組み化されています。

 

「この広告よく見かけるなぁ~」と、
クリックするまでにかかる広告表示回数が平均3.5回なのです。

 

人は3.5回、広告を見て行動する生き物なのです。

 

この3.5回の法則を、簡単に再現できるのがメルマガなのです。

 

メールアドレスを取得したら、
自分のタイミングで接触回数を増やすことができます。

 

ですから、メールアドレスは集めた方が絶対にいいです!

 

いきなり物は売れません!

 

いきなり人は動いてはくれません!

 

ですので、メールアドレスを集めることによって、
こちらからの接触頻度を増やして、
ホームページやブログに来た見込み客を逃さず囲い込むのです。

 

ファン化、リピート購入者として、顧客を囲い込め

 

メルマガを発行すると、メルマガ読者をファン化したり、
商品やサービスをリピート購入してもらうことが可能となります。

 

1回、商品やサービスを購入してくれたら、
そこで顧客との関係が終了ではダメです。

 

とんでもない機会損失です。

 

例えばですが、私がメルマガの無料セミナーを開いたとしましょう。

 

そして、参加者に以下のようなメールを配信したとします。

 

「この度は、私のセミナーにご参加下さり、誠にありがとうございました。
ここで、セミナー参加者様だけに特別なお知らせがあります。」

 

と、冒頭で説明して、何かサービスを提供したら、
通常より高反応で読者は動いてくれるはすです。

 

このように、セミナーや商品を買ってくれたお客さんに、
もう1度アプローチすることができるわけです。

 

メルマガを使うことによって、
顧客との関係を構築することができ、
結果として、販売力が強くなり、収益が上がります。

 

読まれるメルマガには、ルールがある

 

さて、ここからは、
本格的に読者に対するメールの書き方をお伝えします。

 

【読まれるメルマガの書き方ルール】です。

 

メルマガ初心者にありがちなのが、
「書く内容どうしよう・・・」と悩むことです。

 

しかし、メルマガネタなんて、日常を意識していれば、
ものすごくたくさんあります。

 

書く内容を心配する前にまずは、【読まれるメルマガのルール】
しっかりと理解しましょう^^

 

考え方や概念、そして流れがめちゃくちゃ重要です。

 

考え方や概念とか、「難しそうだなぁ・・・」と思う必要はありません。

 

ご安心下さいませ。

 

1つ1つは非常に簡単なことばかりですので、
すぐ実践することができます。

 

なので、これからお伝えする内容を
しっかりとマスターしていって下さいね。

漢字⇒ひらがなに!!

 

メルマガは、何と言っても【読みやすさ】が重要です。

 

だいたいの人は文章が硬いです。

 

と言う私もまだまだ硬い表現の時がありますが(笑)

 

読みやすい文章を書く時のポイントの1つは、
【できるだけひらがなを使う】ということです。

 

聞いたことがあるかもしれませんが、【石版メール】をご存じですか?

 

下記画像のようなメールです。

 

 

改行が一切ない状態のメールです。
(画像は、あの文字しかありませんが、改行がない文章
としてイメージして下さいね)

 

このようなメールが届いたらあなたはどう思いますか?

 

しかも、難しい漢字だらけだったらどうします?

 

完全に読む気ゼロになりますよね?

 

中国語みたいで、読みたいとは思わないですよね?

 

それに対して下記のように、【ひらがな】だとどうです?

 

やわらかいイメージを与えることができますよね?

 

優しい⇒やさしい

面白い⇒おもしろい

戯れる⇒たわむれる

 

わざわざ、難しい漢字を使う必要はありません。

 

読み手の思考を停止させずに、スラスラ読めることが大切なのです。

 

難しい漢字というものは、
伝えたい内容を妨害しているようなものです。

 

使う漢字の目安は、小5くらいまでが丁度いいです。

 

これは、【表現】についてもそうです。

 

【できるだけ難しい言葉を、簡単な言葉に置き換える】
ということが重要なのです。

 

メルマガを書き終わったら、必ず声に出して読んで下さい。

 

あ!夜中はダメですよ(笑)

 

少しでも詰まった所があればアウトです!
(↑ちょっとスパルタでしたね 笑)

 

【簡単かつシンプルに!】を意識して下さいね。

 

読み手の環境を意識する

 

読者は、どんな環境でメルマガを読んでいますか?

 

パソコン?スマホ?ガラケー?

 

この【読む時の環境】を意識してメルマガを書くと、
読者は一気に読みやすくなります。

 

今は、スマホがかなり普及していますので、
スマホユーザーに向けて書いた方がいいですね。

 

スマホでメルマガを読む場合、
左寄せの方が読みやすくなっているので、
スペースを使用していると、読みにくくなります。

 

そのためもあって、メルマガは左寄せが基本となります。

 

次に、1行の文字数についてですが、
これも読む時の環境によって変わってきます。

 

・スマホ⇒1行19文字

・パソコン⇒1行23文字
(GoogleやYahoo!を考慮した場合)

 

そのため、原則19文字以下で改行できるような文章構成が良いです。

 

必ずこの場合でないとダメということはありません。

 

一番重要なことは、読者の環境を意識するということです。

 

ここが重要ですので、覚えておいて下さいね。

ネガティブ文章にしない

 

突然ですが、あなたに質問です。

 

あなたのお友達の中で、ネガティブな人とポジティブな人、
どちらの人が楽しそうにしていますか?

 

もちろん、ポジティブな人ですよね。

 

またポジティブな人の周りには、大勢の人が集まります。

 

実はメルマガも同じなんです。

 

メルマガの文章は、あなた自身です。

 

あなた自身の頭の中が、そのまま文章に反映されます。

 

読者も何か情報を得たり、やる気を得たりと、
人生を向上させるために、あなたのメルマガを読むと思います。

 

ネガティブな文章は、【ポジティブな文章】に変換しましょう。

 

では、ここで少し例を挙げてみますね。

 

『不可能を可能にする変換方法』

1週間ではできません。⇒2週間頂ければできます。
18時以降はダメです。⇒18時まで大丈夫です。

 

『否定を肯定にする変換方法』

あなたでいい⇒あなたがいい
ダメかもしれませんが⇒OKだと嬉しいです。

 

どうですか?

 

ポジティブ文章にするだけで、かなり読みやすくなり、
柔らかい印象を与えることができます。

 

ネガティブな文章や表現があると、
無意識レベルで、「イラっ」とさせますね。

 

それを繰り返していると、読者も、
「この人のメルマガは、何かイヤな感じがする・・・」
と、メルマガを解除されてしまいます。

 

無意識って、ほんとめちゃくちゃ怖いです。

 

人は90%以上が、無意識で動いています。

 

1度、無意識ゾーンに入ったものは、中々、取り消すことができません。

 

実は、昔の私はこのことが全然わかっていなかったんです(笑)

 

だから、あなたにはそうなってほしくないので、
このポイントをしっかりと理解しておいて下さいね。

 

そうすれば、【感情をゆさぶる文章】を書くことができますので。

 

ちょっと余談になりますが、ここで、
上級者のテクニックの1つでもある方法をお伝えしておきますね。

 

あえて、相手をイラつかせる表現を使って、
相手の感情を刺激させる方法です。

 

たとえば、
「月曜日に当欠する人は即クビにします!」
こんな表現が入ったメールがきたらどう思います?

 

「何、言ってんだよ!!」と怒り爆発ですよね?

 

わざとこういう表現を使って、相手を刺激し、
メールを開封させるというテクニックもあるのです。

 

ただし!!

 

このテクニックを使う際は、次のことを必ず守って下さい。

 

ネガティブ文章で、感情を刺激した後は、
必ずポジティブ文章で、前向きにさせて文章を終わらせて下さい。

 

人は感情で動いてから、その感情を正当化させようと、
後で理由をさがします。

 

ですので、人の性質をしっかりと理解することが大切です。

 

日常から、【ポジティブな表現】を意識しましょうね^^

 

これを覚えておけば、結果を出しやすくなるので。

 

単語の順序

 

相手に与えるイメージは、
単語の順序を変えるだけで変わります。

 

1.この提案書はよくできているけど、斬新さがないね。
2.この提案書は斬新さがないけど、よくできているね。

 

1.ブラックはありますが、グレーは切らしております。
2.グレーは切らしておりますが、ブラックならございます。

 

上記の文章は、言っている内容は同じですが、
印象がまったく違いますよね?

 

このように、順序を変えるだけで、イメージは大きく変わってきます。

 

ポジティブな表現や、肯定的な表現を【文末】に持ってくる方が、
いい印象を与えることができます。

 

あなたが、メルマガを定期的に配信する場合は、
このような細かい部分も気をつける必要があります。

 

ほとんどの物事には、人が関わってきます。

 

なので、人の心理、性質をしっかりと理解することが、
結果を出すコツです。

 

あなたの文章のタイプは?

 

文章の書き方には、2つのタイプにわかれます。

 

・ハウツー型

・小説型

 

これまでの経験、読んできた本などで、
どちらのタイプの書き方が得意なのかが決まってきます。

 

ハウツー型は、ゲームの攻略本のイメージです。

 

たとえばですが、【●●したら、〇〇になる】といった感じで、
論理的に、順序立てて文章を構成する形です。

 

これに対して小説型は、ストーリーを描いて、
文章にググっ!と引き込む書き方です。

 

ちなみに小説型の人は、ハウツー型でも書けるようになりますが、
ハウツー型の人は、小説型を書こうとすると苦労します。

 

ムリをする必要は全くないですので、あなたに合ったタイプで書きましょう。

 

ハウツー型、読まれる書き方

ハウツー型では、文章力の基本がとても重要になります。

 

結論から言うと、

 

・結論⇒理由⇒詳細(結!起承転結)

・箇条書き

・一文一義

 

この3つが重要なのですが、ちょっと難しいと思いますので、
わかりやすく解説した本がありますので、
そちらを1度参考にしてみて下さい。

 

大切だけど、誰も教えてくれない77のルール

 

結論⇒理由⇒詳細(結!起承転結)

 

メルマガを書くときは、結論から書くのが望ましいです。

 

メルマガを読む人は、基本的に向上心のある人です。

 

そして、何より時間を大切にします。

 

ですので、文章の冒頭を少し確認しただけで、
読むかどうかを判断します。

 

話が長くて、結論を中々言わない人と会話していると、
「で!!結局、何が言いたいの?」と思いませんか?

 

場合によっては、イライラしますよね?

 

それはダラダラ話されると、頭の中で迷子状態になっているからなのです。

 

結論から書くと、理解度を深めやすく、読む時間を軽減する効果があります。

 

読み手のストレスを減らすことができますからね。

 

箇条書き(ブレッド)

 

ポイントになる部分を、しっかりと読み手に伝えたい時は、
箇条書きにすると効果的です。

 

たとえば、下記のような文章があったとします。

 

メルマガ読者は基本、メルマガを見ない。

 

読んだとしても、
その内容を最初から信用することはない。

 

そして、行動を起こす確率は限りなくゼロに近い。

 

文章を読むとわかりますが、ブツブツブツと、
切れていて、頭に入りツラいですよね?

 

では、この文章を箇条書きにするとどうなうでしょうか?

 

・見ない

・信用しない

・行動しない

ね!スッキリして、頭に入ってきやすいでしょ?

 

だからね、重要なポイントがある場合は、
箇条書きにすることです。

 

覚えておいて下さいね。

 

一文一義

 

文章は、一文が長いと読みにくくなりますが、
一文が短いと、ス~~っと頭に入ります。

 

一文が長い状態は、ほとんどの場合、
複数の内容がゴチャゴチャと混ざっている状態です。

 

一文書いてみて、内容が混ざって長文になった場合は、
【。】で区切って、改行してみて下さい。

 

それだけでもかなり読みやすくなりますよ。

 

ここで、例を書いておきますね。

 

「このボタンをクリックすると入力画面が開くので、
入力が終りましたら、お手数ですが完了ボタンを押して下さい。」

 

このように長い文章を、一文一義にすると、

 

「まず始めに、起動ボタンを押して下さい。
そうすると入力画面が開きます。
入力が終了したら、完了ボタンを押して下さい。」

 

3つのポイントを意識して書くだけで、かなり読みやすくなったでしょ?

 

細かい部分は、先ほど、紹介しました本に
くわしく書いてありますので、ぜひ、見て下さいね。

 

ちょっと厳しいことを言わせて頂きますが、
【知っている】【実践している】は、全然違います。

 

読んだだけで満足せず、実践をして、あなただけのものにして下さいね。

 

ついでと言ったらなんですが(笑)

 

ハウツー型のメルマガを書く時に、
参考になる本もありますので、紹介しておきますね。

 

分かりやすい文章の技術

分かりやすい表現の技術

分かりやすい説明の技術

この3つです。

 

1度、読んでみて下さいね~~~!!

件名の重要性

 

最後に、件名の重要性についてお話させて頂きます。

 

メルマガは、何と言っても件名が命です。

 

ハッキリ言って、内容より件名です(笑)

 

素晴らしい内容の記事を書いても、
件名がクソだと、意味がありません。

 

そもそも、メールを開いてくれませんからね・・・。

 

なので、件名を考えるときは、命をかけて考えましょう。

 

あなたのメール受信フォルダを見て下さい。

 

たくさん、メールが入っていると思いますが、
どんな内容のものを見てみようと思いますか?

 

おそらく、目立つ件名のものを選ぶと思います。

 

・読者が自分に必要な内容と感じられるか?

・数字などを入れて具体的に表現しているか?

・このメールはどのような役にたつのか?

・読者が取るべき行動を示しているか?

・緊急性・希少性があることを表現しているか?

・ユニークかどうか?

 

などなど・・・。

 

これらのことを考えながら件名を決めて下さいね。

 

件名を妥協するなら、メルマガ発行を諦めた方がいいです。

 

かなり厳しい言い方ですが、それほど重要なことなのです。

 

どうしても件名に迷ったら、下記の本を参考にしてみて下さい。

 

バカ売れキーワード1000

 

 

PS.私のメルマガでは、

①副収入が欲しくてネットビジネスをはじめたばかりの会社員

②アフィリエイトをはじめたがまだ結果が出ていない人

③無料・有料情報(教材)で学び実践しているが、
 結果が出ないノウハウコレクターの人

の方に向けて、
私が実際に稼いでいる具体的な方法や、
ノウハウをメルマガ読者さんにだけ限定公開しています。

 

たまにセールスもあったりしますが、
それはこれからあなたがアフィリエイトをやっていく上で、
必要なスキルの取得新しい気付きにもなりますので、
ぜひ、積極的に取り組んで下さい。

 

メルマガ自体は無料で読むことができますので、
ご興味のある方は、ぜひメルマガに登録してみてくださいね。

 

メルマガ登録はこちらからどうぞ

私が実際に稼いでいる具体的な方法・ノウハウをメルマガで限定公開中です。
今ならプレゼントありま~す!!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です