アフィリエイトの広告ってどうやって探すの?広告の種類と特徴

アフィリエイト広告は、2種類あります。

①クリック報酬型

②成果報酬型

 


◇クリック報酬型

 

クリック保証型とは、それぞれの広告主(会社)から、
発行されるタグがありそのタグをアフィリエイターは、
自分のブログやサイトに貼り付けます。

 

その広告を第三者がクリックすることで、
報酬が発生する仕組みです。

 

クリック保証型のアフィリエイト広告の中で、
【Googleアドセンス】が特に有名です。

アドセンス

 

アフィリエイターのほとんどの方が、
この広告をブログやサイトに配置させています。

 

その他にもたくさんあるので、
くわしくは各広告のサイトを確認してね^^

i-mobile(アイモバイル)

nend(ネンド)

忍者Admax

Fluct(フラクト)

ADroute(アドルート)

AMoAd(アモアド)

Trend Match(トレンドマッチ)

Geniee(ジーニー)

ADPRESSO(アドプレッソ)

といった広告もあります。

 

またそれぞれの広告には、
【クリック単価】【広告数】【稼ぎやすさ】などに違いがあり、
クリック単価を考えるとアドセンスがクリック保証型の中で、
一番稼げる広告と言えます。

 

アドセンスで稼ぐためには、
クリック率を上げることはもちろんですが、
広告の配置も重要になってきます。

・クリックしやすい場所

・クリックしやすいバナーの大きさ

・見られている(閲覧が多い)場所

これら3点が重要になってきます。

 

その他にもクリック保証型は、
多くのトラフィック(一定時間に流れる情報や情報量)が無ければ、
高い報酬を得れないので検索結果に、
上位表示されるような質の高い記事を作り込みましょう。

 

 


◇成果報酬型

 

成果報酬型のアフィリエイトは、
まずASPと呼ばれる広告配信サービスに登録申請します。

 

ASPとは、インターネットを通じて遠隔から
ソフトウェアを利用させるサービスのことです。

 

ASPの有名な所として、9つをあげておきますので、
くわしくは各サイトをご確認下さい^^

楽天アフィリエイト

Amazonアソシエイト

A8.net

アフィリエイトB

JANet

バリューコマース

リンクシェア

アクセストレード

TGアフィリエイト

 

成果報酬型のアフィリエイトは、
クリック報酬型と違いユーザーがブログやサイトに訪れて、
そこで紹介した商品を購入しなければ報酬にはなりません。

 

そのためユーザーが、「この商品欲しい!!」と、
思わせるコンテンツ作りが重要となります。

 

1件の報酬単価がクリック保証型より高いので、
うまく売ることができればかなりの報酬が期待できます。

 

 


◇まとめ

 

アフィリエイトは、クリックして報酬が発生するクリック型報酬と、
購入して報酬が発生する成果報酬型の2種類がある。

 

安定した収益を得るためには、
クリック保証型と成果報酬型広告の2種類をうまく
組み合わせていくことです。

 

ただ!広告だらけの質の薄いコンテンツはダメです。

 

広告は少しずつ貼ってユーザーの反応を見ることが大切です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です